美容原料ステージ

トップページお問い合わせレシピ特集&お悩みお知らせ



商品カテゴリー

カートの中身を見る


商品検索

安い順 高い順

会員様専用
新規登録はこちら
メールアドレス
パスワード
クッキーに保存
パスワードを忘れた方はこちら

営業日のお知らせ

 

ビタミンCは、美容と健康・美白にも欠かすことのできないビタミンです。、L-アスコルビン酸の販売。

ビタミンC(L-アスコルビン酸)は、美容・美白のビタミン

ビタミンCとは?

ビタミンC(L-アスコルビン酸)は「美容・美白のビタミン」として人気があり、抗酸化作用のあるビタミンAとビタミンEの頭文字を併せて「ビタミンのエース(ACE)」とも呼ばれるおなじみのビタミン。

それだけでなく、風邪やガン生活習慣病などの予防にと、守備範囲は広いものです。

ビタミンCには抗ストレス効果もあることがわかり、サプリメントとして摂取している人も増えているようです。

ビタミンCの働きで重要なものにコラーゲンの生成と保持があり、身体の防御機能を増強させ、骨の強化にも役立ちます。

現代社会では慢性的なビタミンC不足、「潜在性ビタミンC欠乏症」がひそかに増えています。

野菜や果物をふんだんに食べているつもりでも、温室育ちだったり、季節はずれだったりと、含まれるビタミンCの量は、昔より落ちていることが多いのです。

また、大気汚染、紫外線、たばこ、飲酒、外食といった生活習慣やストレスなども、血液中のビタミンCを消耗する原因になっています。

 

原料イメージ

 

 

ビタミンC(L-アスコルビン酸)  

 ビタミンC(L-アスコルビン酸)は、白い結晶粉末です。

 お水に溶かした場合(動画参照)、水に溶ける水溶性ですが、少し溶けにくい性質があります。

 

摂取量の目安

 

<1日に必要なビタミンCの摂取量> 単位:mg
年令 18〜49才 50才以上
男性 推定平均必要量 85
推奨量 100
女性 推定平均必要量 85
妊婦95、授乳婦125
85
推奨量 100
妊婦110、授乳婦150
100

*厚生労働省 日本人の食事摂取基準より
*1mg(ミリグラム)は1gの千分の一で、1g=1000mgです。

ビタミンC(L-アスコルビン酸)は、1日の推奨量である100mgの、10倍以上摂取しても、余分な分はほとんど尿から排出される、仕組みになっています。

ビタミンC(L-アスコルビン酸)について

 

人間は、ビタミンCを作ることが出来ませんので、食事でキチンとビタミンCをとることが必要です。

鉄の吸収を助けます。 コラーゲンの生成を助けます。水熱、酸素には、弱いです。

煙草は、多量のビタミンCを破壊するので注意が必要です。ストレスによっても、ビタミンCを消費します。

 

■ビタミンC不足になると

風邪が引きやすくなります。肌荒れや肌のハリがなくなります。疲れやすくなります。傷が治りにくくなります。

免疫力が低下します。骨が弱くなります。疲労感がでてきます。


■ビタミンCの効果

ビタミンCの健康効果には次のようなものが挙げられます。

・骨の形成不全予防

・骨粗しょう症予防、細胞や骨の強化

・壊血症や皮下出血予防

・ウイルスや細菌感染を防ぎ、免疫力をアップ

・肌荒れ、シミ・ソバカスの予防

・風邪予防、貧血予防

・抗ストレス作用、抗酸化作用

・生活習慣病予防

・ストレスを和らげます。

・抗がん作用があります。

・血中のコレステロール値を下げる効果があります。

・傷などの出血を止める。

・傷の治りを早めます。

・アレルギー反応を抑えます。

・抗酸化作用により、動脈硬化や脳卒中や心筋梗塞を予防します。

・美肌効果があります。

 

■アドバイス

1.効果的にバランスよく活性酸素対策をするなら、クエン酸を一緒に摂取して、老化・生活習慣病を予防。

2.コラーゲンと一緒に摂れば、美肌効果はますます促進されます。

L-アスコルビン酸とは、、ビタミンCの別名。ビタミンCが不足すると、細胞の組織が破壊され出血する壊血病と呼ばれる病気になることから、壊血病ビタミンとも言われています。

アスコルビン酸には、メラニンの抑制やコラーゲン合成の促進、抗酸化作用などさまざまな性質がありますが、人間の体内では作り出すことができない成分です。

ビタミンCは、美容のビタミンとも呼ばれています。

細胞間を支えているコラーゲンの生成に欠かせないビタミンでもあります。

ビタミンCが不足すると、肌の張りがなくなり、出血しやすくなったり、抗酸化作用があるため、老化を遅らせるとも言われています。

さらに、鉄分の吸収を助けるため、貧血予防にも効果があるとされています。

また、喫煙するとビタミンCが大量に失われるため、喫煙者は一般の2〜3倍のビタミンCが必要だと言われています。

 

■美容やカゼ予防以外の働きも

ビタミンCのはたらきには、肌の張りを保ち、しみや小ジワを防ぐ、ウィルスや細菌に対する抵抗力を高め、カゼや感染症を予防する、ストレスを和らげる、血中コレステロールを下げる、発ガン物質の生成を抑える、鉄の吸収を助けるなどがあります。

その他重要なものに、コラーゲンの生成があります。一般的に日本人は、ビタミンCを十分摂っているので、あまり心配はいりません。また、摂りすぎても余分なものは体外へ排出されます。

 

■手早い調理で効率良く摂取

ビタミンCの主な供給源は、野菜と果物です。ビタミンCはほとんどの野菜に含まれていて、日本人は摂取量の3分の2を野菜から摂っていると言われてます。

ビタミンCは熱と水に弱いため、調理による損失を考慮する必要があります。ゆでる・煮るよりも、炒め物のほうが損失が少なくてすみますが、加熱するたびにビタミンCが失われますから、温め直しは避けましょう。

ゆで汁や煮汁にはビタミンCが溶け出していますから、スープは有効な調理法です。いずれも「調理は短時間」を心がけましょう。

その点、生で食べられる果物は、最適なビタミンC供給源といえます。

 

 

 

 

 

 

会社案内サイトマップ通信販売法に基づく表記プライバシーポリシー
Stage. All Rights Reserved