美容原料ステージ

トップページお問い合わせレシピ特集&お悩みお知らせ



商品カテゴリー

カートの中身を見る


商品検索

安い順 高い順

会員様専用
新規登録はこちら
メールアドレス
パスワード
クッキーに保存
パスワードを忘れた方はこちら

営業日のお知らせ

プラセンタ原末の販売。

プラセンタ原末

プラセンタとは?

 

プラセンタは英語で、「胎盤」を意味します。私たち哺乳動物はその誕生に当たり、母胎と胎児の仲立ちをする胎盤のおかげで、母胎から十分な酸素と栄養を受けて健やかに発育することができるのです。

プラセンタは、胎児とはへその緒(臍帯)でつながっています。

へその緒は弾力性及び伸展性にすぐれ、その中に血管が走っています。

プラセンタの形成は受精後約5週目からはじまり、13週頃になって完成しまプラセンタは英語で、「胎盤」を意味します。

私たち哺乳動物はその誕生に当たり、母胎と胎児の仲立ちをする胎盤のおかげで、母胎から十分な酸素と栄養を受けて健やかに発育することができるのです。

プラセンタは、胎児とはへその緒(臍帯)でつながっています。

へその緒は弾力性及び伸展性にすぐれ、その中に血管が走っています。

プラセンタの形成は受精後約5週目からはじまり、13週頃になって完成します。

そのつくられる経緯を簡単に振り返ってみましょう。まず、卵子と精子が出会って生じた受精卵が、子宮内壁に着床(固定)することに端を発します。

着床した受精卵の表面からは、絨毛が無数に出て、やがて着床面の絨毛だけが成長し(他の絨毛は退化)、母体の子宮内壁と結合して、平たいホットケーキ状(円盤状) の臓器がつくられます。

これがプラセンタです。プラセンタは、胎児と母体とをむすびつけるとともに、両者を隔てる役割を果たします。

母体から胎児への栄養や酸素などは、母体の血液からプラセンタを通って、胎児の血液に入り、逆に胎児の老廃物は、胎盤を通って母体の血液中に捨てられます。

この際、両者の血液が交じり合うことはありません。

胎児側の血液は、絨毛内の胎児血管を循環し、母体の血液は絨毛間腔を満たすのみです。

母体と胎児の血液型が異なっても、拒絶反応を起こさずにすむのはこのためです。

また、プラセンタは、母体側に異常が起きた時には、胎児を保護する障壁の役目を果たします。

受精卵の大きさは、はじめは直径0.1mmほどですが、約280日後の出産時には、重さ3〜4kg、体長およそ40cmの胎児にまで成長します。

その間、プラセンタも、胎児の成長を助けながら拡大し、出産時には直径約15〜20cm、厚さ約1.5〜3cm、重さ約500gになります。

このように出産までの10カ月に満たない短期間に、胎児は急速に発育しますが、そのために重要な働きをするのがとりもなおさず、このプラセンタというわけです。

私たち哺乳類は文字通り、プラセンタのおかげで、この世に元気に生まれ出ることができるのです。 

そして、プラセンタは出産によって、その役割を終了すると、後産として体外に排出されることになります。

 

プラセンタの作用

 

・美白効果

・たるみやシワを改善

・血行を促進

・新陳代謝促進で肌の若返り促進

・ホルモンバランスを整える

・代謝機能促進

・体力アップ

・疲労改善

・痩身

・自律神経を整える

・ストレス耐性向上

 

プラセンタの摂取量の目安

 

2gの摂取でプラセンタ注射一回分(400mg)に相当します。

日頃は、500mgの摂取で十分です。

 

同時購入の多い原料

ビタミンC(L-アスコルビン酸)

ヘスペリジン原末(ビタミンP) リボフラビン(ビタミンB2)チアミン硝酸塩(ビタミンB1硝酸塩)

ヒアルロン酸原末

アルファリポ酸(α-リポ酸)

会社案内サイトマップ通信販売法に基づく表記プライバシーポリシー
Stage. All Rights Reserved