美容原料ステージ

トップページお問い合わせレシピ特集&お悩みお知らせ



 
商品カテゴリー

カートの中身を見る


商品検索

安い順 高い順

会員様専用
新規登録はこちら
メールアドレス
パスワード
クッキーに保存
パスワードを忘れた方はこちら

営業日のお知らせ

ヒアルロン酸(ヒアルロンナン)を体内生成する、グルコサミンの販売。

グルコサミン

 

グルコサミンは皮膚や関節組織では、コラーゲンに活性を与え、ヒアルロン酸(ヒアルロンナン)を体内生成します。

ヒアルロン酸の保水力を利用して血液を通して運ばれてくる酸素や栄養を各細胞へ運んだり、細胞の出す老廃物を血管まで回収するなどの細胞機能の働きに欠かせない働きをしています。

残念ながら年齢を重ねる毎に体内のヒアルロン酸が減少しつづけ皮膚がかさついたりシミやシワなど皮膚の老化の原因となります。

これは皮膚(真皮)の中で水分を保持しているヒアルロン酸量が減ることなのです。

成人の皮膚のヒアルロン酸は赤ちゃんの20分の1にまで失われるといわれています。

ちなみにコラーゲンの半減期(半分に減るまでの期間)は半年ですが、ヒアルロン酸は2週間です。

食品などから補い体内で合成できる仕組みを獲得するのが正しい考え方です。

そのほか、動脈硬化の進行を改善やアトピー性皮膚炎の方はステロイド等の使用で肌が傷み細胞が破壊されますが、ヒアルロン酸を体内に供給することにより細胞は再生され、きれいな肌を作ることが出来ます。

 

原料イメージ

 

グルコサミン原料  

グルコサミンは、真っ白な少し水分を含む微粉末です。

お水に溶かした場合(動画参照)、容易に溶けます。

グルコサミンはヒアルロン酸(ヒアルロンナン)を体内生成する

 

グルコサミンは皮膚や関節組織では、コラーゲンに活性を与え、ヒアルロン酸(ヒアルロンナン)を体内生成します。

 

摂取量の目安

グルコサミンの摂取量の目安は、1日1,000mg〜1,500mgと言われています。

体内にもともとある成分で、安心して摂取できますが、過剰摂取はひかえるようにしましょう。

大幅な過剰摂取は、胃腸不良を起こすことがありますので注意が必要です。

下痢、便秘、胸焼け、胃痛などの症状が見られた場合にはグルコサミンの過剰摂取が原因かもしれませんので、 こういった場合はしばらく摂取を控えてください。

グルコサミンはコンドロイチンを体内生成する

グルコサミンからコンドロイチンが生成される過程は、ヒアルロン酸(ヒアルロンナン)を生成する過 程よりやや複雑になりますが、生体内ではグルコサミンが、酵素による化学反応で、さらに糖やタンパ ク質と複合してコンドロイチン、ヒアルロン酸(ヒアルロンナン)など様々な物質を作り出します。

グルコサミンは蟹やエビの殻から

グルコサミンは、カニ、エビなどの甲殻類の外皮を形成するキチン質に含まれ、また人間では糖蛋白質の成分として軟骨、爪,靱帯、心臓弁などに存在しています。

グルコサミンは、軟骨細胞を形成する基礎となる成分で、関節部分の細胞の新陳代謝に重要な役割を果たしています。

グルコサミンはキトサンより造られる単糖体ですが体内で多糖体になり、コンドロイチン、ヒアルロン 酸とよばれるものにもなります。

これらムコ多糖体とよばれるたんぱく質は、軟骨やマトリックスの生 成ばかりでなく、皮膚や髪の生成にも関連して、多くの研究発表があります。

ヨーロッパでは、従来から関節炎の治療薬として用いられてきました。

アメリカでは、「変形性関節症の治療法」という本が出版されてから、一大ブームになっています。

少し歩くだけでも膝が痛い,階段の昇り降りがつらいなど膝の痛みを抱えている人は多いのですが、その多くは変形性関節症によるものです。

関節は、軟骨というクッションに覆われているので、重力や衝撃を吸収し、骨どうしによる摩擦を減らしているのです。

しかし年齢とともに、軟骨はすり減りますので関節を形成する骨に変形が生じ、変形性関節症となるのです。

そこで軟骨の主成分のひとつであるグルコサミンを補給することで、変形関節症の痛みを軽減し、進行を阻止できるのです。

 

グルコサミンは関節の救世主

 

日本では現在、変形性膝関節症に悩まされている人は50万人以上いるといわれています。

また、潜在患者数は数千万人いるとすらいわれています。

治療法といえば、鎮痛剤や抗炎症剤で痛みを抑えることしかないのです。

酷い時は人工関節の手術を受ける事になります。

しかし、グルコサミンの登場により、このような対象療法の時代は終わりを告げようとしています。

グルコサミンは関節組織に働きかけ、再生不能と言われる軟骨を刺激して正常にする働きがあるのです。

日本ではサプリメントとして手に入れる事が出来ますが、ヨーロッパでは、医薬品として効果が認められているのです。

 

ヒアルロン酸の働き

 

ヒアルロン酸の働きとして、肌の老化を抑え、みずみずしい美肌作りに効果があることは広く知られており、以前から高級化粧品に含まれていました。

しかし、ヒアルロン酸は食べ物から摂るのがベストです。また、体内でヒアルロン酸が作れたらより効果的です。

しかし、ヒアルロン酸の代謝は非常に速く、2週間で半分に減ってしまいます。

いつも補給しつづけなければ若さは保てません。

 

潤いのある若々しいお肌に

 

ヒアルロン酸は、自身の重さの6000倍もの水を抱え込む力があり、たった1gで6kgの水を保つことが出来ます。

この脅威の保水力を利用して血液を通して運ばれてくる酸素や栄養を各細胞へ運んだり、細胞の出す老廃物を血管まで回収するなどの細胞機能の働きに欠かせない働きをしています。

ヒアルロン酸合成能力は細胞機能に密接に関係しています。

しかし残念ながら年齢を重ねる毎に体内のヒアルロン酸が減少しつづけ皮膚がかさついたりシミやシワなど皮膚の老化の原因となります。

これは皮膚(真皮)の中で水分を保持しているヒアルロン酸量が減ることなのです。

赤ちゃんの肌は実にきめ細やかでぷりぷりしています。成人の皮膚のヒアルロン酸は赤ちゃんの20分の1にまで失われるといわれています。

ちなみにコラーゲンの半減期(半分に減るまでの期間)は半年ですが、ヒアルロン酸は2週間です。

食品などから補い体内で合成できる仕組みを獲得するのが正しい考え方です。

 

動脈硬化の進行を改善

 

ヒアルロン酸は水を保持する以外にも重要な働きをを持っています。それはアテローム性動脈硬化症との関係です。

動脈硬化が活性酸素によって起こされる病気であることはもうご存知ですね。

初期の段階で血管内の炎症が起こると、免疫系の単球やリンパ球は血漿から病変部へ移動します。

これらの免疫系の細胞が積み重なることによって動脈内につまりやこぶが出来るのが動脈硬化への移行なのです

が、これらの細胞はヒアルロン酸を受け入れる力を持っています。

ヒアルロン酸を投与するとレセプターがブロックされ、進行中の病変部への蓄積が妨げられることがわかりました。

(レセプターとは、ウイルスの受容体のこと。細胞表面にあってウイルスと特異的に結合し、その侵入を導くもの。)

ヒアルロン酸またはその結合分子は病変の進行を阻止する有用な物質であることが示唆されたのです。

血管の狭窄、硬度はその人の本当の年齢を示すといわれるくらい生命体にとって重要で、ヒアルロン酸の摂取で動脈硬化の進行を改善することが出来れば、ヒアルロン酸が表面上の若さだけでなく体の本当の意味での若返りにも関係していると言うことが出来るのです。

 

アトピー性皮膚炎の方に

 

アトピー性皮膚炎の方はステロイド等の使用で肌が傷み細胞が破壊されますが、ヒアルロンを体内に供給することによ細胞は再生され、きれいな肌を作ることが出来ます。

 

同時購入の多い原料

ビタミンC(L-アスコルビン酸)

コーラル・ドロマイト コラーゲンペプチド コンドロイチン

 
   
会社案内サイトマップ通信販売法に基づく表記プライバシーポリシー
Stage. All Rights Reserved