美容原料ステージ

トップページお問い合わせレシピ特集&お悩みお知らせ



 
商品カテゴリー

カートの中身を見る


商品検索

安い順 高い順

会員様専用
新規登録はこちら
メールアドレス
パスワード
クッキーに保存
パスワードを忘れた方はこちら

営業日のお知らせ

ダイエットや二日酔い、スタミナ作りには欠かすことのできないアミノ酸、アラニンの販売。

アラニンのご説明。

アラニンとは?

 

アラニンは桑の葉、絹、シジミ等に多く含まれる非必須アミノ酸です。

アラニンは、肝臓での糖質の合成原料となアミノ酸で生体のエネルギー生成に重要な役割を果たしています。

アラニンは肝臓で、筋肉にエネルギーを与え、スタミナとなるブドウ糖の生産を促します。

ダイエットやスポーツに、不足してはならないアミノ酸のひとつで、二日酔いの原因の血液中のアルデヒドを分解する働きももちます。

また、アラニンは、脂肪燃焼アミノ酸であるとともに角質に含まれる天然の保湿成分で、コラーゲンを再生するうえで不可欠なアミノ酸です。

また、肌表面がアルカリ性にならないよう角質層のバリア機能を高める働きもあるといわれています。 

 

アラニンについて

 

アラニンは、非必須アミノ酸ですが、肝臓での糖質の合成原料となアミノ酸で生体のエネルギー生成に重要な役割を果たしています。

アラニンは肝臓で、筋肉にエネルギーを与え、スタミナとなるブドウ糖の生産を促します。

ダイエットやスポーツに、不足してはならないアミノ酸のひとつで、二日酔いの原因の血液中のアルデヒドを分解する働きももちます。

また、アラニンは、脂肪燃焼アミノ酸であるとともに角質に含まれる天然の保湿成分で、コラーゲンを再生するうえで不可欠なアミノ酸です。

また、肌表面がアルカリ性にならないよう角質層のバリア機能を高める働きもあるといわれています。

 

お仕事のお付き合いに欠かせないアラニン

 

アラニンは肝臓のエネルギー源として重要なアミノ酸です。

アラニンは、アルコール代謝で生じた物質を分解するサイクルを活性化するエネルギー源になります。

また、タンパク質の豊富なアミノ酸には、肝機能そのものを改善する働きもあるといわれています。

アラニンは肝臓で、筋肉にエネルギーを与え、スタミナとなるブドウ糖の生産を促し、タンパク質からエネルギーを得る際の化学反応 過程で重要な役割を担います。

 

アラニンで二日酔い対策

 

お酒を飲む翌日が辛い、そんな時には、アラニンがオススメです。

アラニンはアルコールの代謝に関わるアミノ酸で、アルコールを分解する器官である肝臓の栄養分になります。

普段、肝臓はグリコーゲンをエネルギーとしてアルコール代謝をしていますが、たくさんお酒を飲むと、肝臓はグリコーゲンを上手に使えなくなって、アルコールをうまく分解できなくなります。

そんな時にアラニンが、グリコーゲンに代わってアラニンが肝臓のエネルギーとなり、肝臓の働きを活発にして、スムーズにアルコールを分解できるようにするのです。

アラニンを摂ることで、お酒を飲む時には翌朝の事を考えてアラニンを。

 

アラニンでダイエット

 

アラニンはアミノ酸の一種ですが、数あるアミノ酸の中でも、アラニンは燃焼系のアミノ酸の1つです。

燃焼系アミノ酸は、リジン、プロリン、アルギニン、アラニンの4つのアミノ酸のことで、燃焼系アミノ酸は体内で脂肪を分解するリパーゼという酵素を活性化する働きがあるのです。

このリパーゼが活性化していると、脂肪が燃えやすい身体ということになります。

アラニンをきちんと摂っていれば、脂肪が燃えやすい身体になり、ダイエット効果が表れやすい体質になります。

 

アラニンで美容

 

アラニンは、女性にとっては身近なものに多く含まれています。

アラニンは天然保湿因子でもありますので、保湿成分としてアラニンが入っている化粧品もあり、医薬品から化粧品まで、アラニンは幅広く利用されています。

アラニンは非必須アミノ酸なので、身体の中で作ることができます。

でも、アラニンの作用をしっかりと実感するには、普通の食事だけでは不足です。

お酒を飲みたい時やスポーツでの効果を期待する時には、アラニンを摂る工夫などが必要です。

アラニンを効果的に摂ることで、身体の美容と健康に役に立ちます。

 

アラニンの作用

 

◎血圧降下作用。

◎保湿力が高く、角質層のバリア機能を高める働きや肌荒れ防止効果があります。

◎アルコール代謝を改善。

 

アラニンその他の作用

 

アラニンは燃焼系のアミノ酸ですので、アラニンはスポーツをやる方には欠かせない栄養素ということになります。

アラニンは脂肪燃焼の他、筋肉にエネルギーを与えて、スタミナとなるブドウ糖の生成を促進する作用もあります。

スポーツをおこなう身体作りにはとっても良い成分です。

また、アラニンは肝臓の栄養素になりますが、同時に肝機能を保護する役割もあります。

肝機能障害を抑制する働きもあるので、アラニンは医薬品成分としても利用されています。

アラニンはその他にも、アミノ酸輸液や経口・経腸栄養剤の成分として、前立腺肥大症、総合アミノ酸製剤の成分として使われています。

 

摂取量の目安

 

60kgの方で2g〜4gが推奨されています。

一日に4回から6回程度にわけて摂ることが望ましいとされています。

 

同時購入の多い原料

ビタミンC(L-アスコルビン酸)

L−オルニチン塩酸塩 グリシン チアミン硝酸塩(ビタミンB1硝酸塩)

 

 

 

会社案内サイトマップ通信販売法に基づく表記プライバシーポリシー
Stage. All Rights Reserved